Home > 活動報告 > ラクビー大学選手権 準決勝 観戦記

2019年1月2日(水)
ラクビー大学選手権 準決勝 観戦記



2019年1月2日(水)、ラクビー大学選手権準決勝を観戦してきました。
年末の大阪での準々決勝で東海大に辛勝したラグビー部は1月2日に大学選手権の準決勝で12月の対抗戦で惜敗した早稲田大学と対戦しました。
開始早々にキックをチャージされ、先制を許したものの、点差を開けられることなく、前半37分には逆転のトライで、風下の前半を終えることができました。
後半は、常に早稲田に先行して得点を重ね、終了間際の早稲田の反撃をしのぎ、31対27と12月の対抗戦とは逆のスコアで宿敵早稲田に雪辱を果たしました。
勝因は粘り強いディフェンスとセットプレーの安定です。
12月の対抗戦の対抗戦では、飛び出したりしてそのギャップを早稲田の中野選手に突かれてトライを許していましたが、準決勝では常に面で守って、早稲田にゲインラインを切らせていませんでした。
また、スクラムも最初の2本はペナルティを取られましたが、その後は見事に対応し、後半にはペナルティでスクラムを選択。そこからトライを取り切り12月の借りを返しました。
次はいよいよ決勝戦です。
対戦相手は10連覇のかかった帝京大学に完勝した天理大学です。明治も春の招待試合(17対24)、夏の菅平での練習試合(19対24)に僅差で敗れており、難敵です。
ただ、明治も大学選手権に入ってから試合を重ねるごとに、チーム力はアップし、タフなゲームに勝ち切ってきました。
天理大学は準々決勝、準決勝でも後半に足が痙攣している選手が見られましたが、明治の選手のフィットネスは大学生ではトップクラスです。グラウンドを広く使ってアタックし続ければ、勝利はついてきます。22年ぶりの優勝は目前です。

越智 浩治

 


カテゴリ:未分類の投稿 | コメント(0


    カテゴリー

    アーカイブ



ページの先頭へ戻る