Home > 活動報告 > 関東大学春季交流戦 明治大学対日本大学観戦報告と練習試合の感想

2022年6月19日(日)
関東大学春季交流戦 明治大学対日本大学観戦報告と練習試合の感想



5月1日の札幌ドームでの早稲田戦から始まった春季交流戦も最終戦を迎え、
6月19日日曜日に日大グラウンドで日大戦が開催されました。

今回はAチームの試合では唯一の大学グラウンドでの開催で、有観客か無観客か直前まで決まらず、ファンとしてはヤキモキしていたのですが、直前に先着200名での有観客開催が決まり、運よく滑り込めて観戦することができました。

また、試合はAチームの春季交流戦だけではなく、Bチームの練習試合も行われ久々の2試合観戦となりました。

まずAチームですが、前半は35対17と優勢に試合を進められたのですが、
後半は日大も奮起して31対26とボクシングで言えば、ノーガードの打ち合いのような展開となってしまいました。

ディフェンス面ではファーストタックルで止め切れず、その後の連携がうまく取れずトライを取られるシーンが見られました。
ディフェンスはある程度チームとして習熟していくためには時間がかかります。
アタックを継続すればトライは取れていたので秋に向けてディフェンス面の強化を期待したいと思います。

そして久々のBチームの練習試合。
こちらは写真を見ていただければわかりますがジャージの番号はポジションごとの1から15ではなく、個人の持ち番号のため、分かりにくかったのですが、
スコアは73対15で日大を圧倒。
明治の層の厚さを感じるとともに、この中から秋には紫紺のジャージを纏う選手が何人出てくるのではと期待が膨らんだ試合でした。

Aチーム、Bチームとも夏合宿を経て、秋のシーズンに向けて、さらにチーム力のアップを期待したいと思います。

越智 浩治




    アーカイブ



ページの先頭へ戻る