Home > 活動報告 > 東京都多摩支部 第16回定時総会報告

2019年7月7日(日)
東京都多摩支部 第16回定時総会報告



2019年7月7日(日)立川グランドホテルにおいて、東京都多摩支部第16回定時総会が開催されました。240名を超える出席者のうち国立地域支部からは12名が出席いたしました。
総会に先立ち、午後1時から明治大学文学部教授 諸富 祥彦 先生による公開講演会が開催されました。
演題は「人は、深いふれあいの中で自己を知る」
講演内容は、総会出席者を4名1組の小さなグループに分けて、講師から与えられた課題に討議をして行く形で行われました。
いわゆる感情トレーニング研修で、言葉の組み立て方や相手を思いやる心の育成などについて丁寧に教えてくださり、笑い声につつまれた楽しい講演会でした。
午後2時35分から第16回総会実行委員長 小川 孝 校友の開会の言葉で始まった定時総会では第1号議案から第6号議案について、つつがなく審議され、すべての議案が承認可決されました。
議案については、会員ページ掲載のPDFをご覧ください。
このたびの役員改選で多摩支部長は西山 強 校友から當麻 功 校友に交代し、国立地域支部からは土屋地域支部長が多摩支部副支部長に推挙され就任いたしました。
午後4時からは、懇親会が開催され、明治大学東京都多摩地区父母会代表 吉成 文秀 様からご祝辞を頂戴したのち、全国校友千葉大会のご案内ビデオの放映があり、明治大学校友会東京都西部支部長 桜井 義修 様の乾杯のご発声で懇親会が始まりました。
明治大学ビック・サウンド・ソサエティ・オーケストラのジャズの演奏で、懇親会が盛り上がり、あっという間に午後6時の終了時刻となってしまいました。

若村 和之


【PDF】講演会チラシ
 
【Photo Gallery】


カテゴリ:未分類の投稿 | コメント(0


    カテゴリー

    アーカイブ



ページの先頭へ戻る