Home > 活動報告 > サッカー天皇杯全日本選手権2回戦観戦記

2019年7月3日(水)
サッカー天皇杯全日本選手権2回戦観戦記



2019年7月3日(水)にサッカーの天皇杯全日本選手権の2回戦があり、明治大学サッカー部は前年度のJ1王者の川崎フロンターレと対戦しました。
試合会場は川崎フロンターレのホームの等々力陸上競技場で、キックオフが
19時過ぎだったので、平日でしたが応援に駆け付けることができました。
試合の方は、前半は実力に勝る川崎フロンターレがコーナーキックからのヘ
ディングを一度はしのいだものの、混戦の中で明治の選手に当たりオウンゴールで先制点を許してしまいました。
その後も明大ゴールに再三攻め込まれましたが、ゴールキーパーを中心に守り切り前半を1点のみの失点で終えました。
前半は明治のシュートは0本でしたが、後半に入ると積極的攻撃を仕掛け、何
度となく川崎フロンターレのゴール前へ攻め込み、シュートを放ちました。
終了間際のアディショナルタイムにも得点のチャンスがありましたが、シュートしたボールはゴールの外へ飛んでいきました。
試合前には「何点取られるのか」と思っていたのですが、終わってみればスコア
は0対1と、予想を裏切る接戦で、応援に行った甲斐がありました。

越智 浩治



カテゴリ:未分類の投稿 | コメント(0




ページの先頭へ戻る