Home > 活動報告 > ラクビー帝京大学戦観戦記

2018年11月18日(日)
ラクビー帝京大学戦観戦記



2018年11月18日(日)に帝京大学戦を観戦してきましたので報告させていただきます。
帝京大学に8年ぶりの勝利!!
2週間前の慶應義塾大学戦では、スクラムでは押し勝っていまし
たが、ラインアウトやタッチキックのミスから得点を許し、思わぬ
敗戦となりました。
そうした中で、どのような試合となるか注目されていた帝京大学戦
が11月18日に、秩父宮ラグビー場で行われました。

試合の方は、慶応義塾大学戦での教訓が活かされ、ラインアウトが
安定し、スクラムも相手ボールをターンオーバーし押し勝っていました。
何よりも素晴らしかったのは、ディフェンスでした。
留学生3名を並べた帝京大学に対し、鋭い出足で頭からの低いタックルで彼らに仕事をさせていませんでした。
また、1万人のうち7割を超えるとみられる明治ファンの声援を受け、常に帝京大学に先行しリードを許すことなく23対15で8年ぶりの勝利をあげることができました。

ただ、気になったのは不利な判定がなされた時のレフェリーへのブー
イングやヤジを飛ばす、心ない明治ファンがいたことです。
選手はレフェリーの判定を受け入れ、しっかり勝ち切りました。
私たちも選手たちと同じ気持ちで応援したいものです。

越智 浩治


カテゴリ:未分類の投稿 | コメント(0


    カテゴリー

    アーカイブ



ページの先頭へ戻る